車両ラッピングのメリット

事業を営むとき、認知度を高めるために広告費を使うのは有効な手法ですが、広告にはさまざまな媒体があります。

人の目につきやすく大きな広告効果が期待できるのはテレビコマーシャルや雑誌広告など、より多くの人の目に触れる方法ですが、メディアを利用するには広告効果に比例してかかる費用も大きくなります。また、ネットビジネスでは地域を限定しませんが店舗を持ったりサービス地域を限定した事業の場合は、サービスできない地域にまで広告を届けることは無駄なコストになってしまいます。

そこで、配送やサービスなどの車両ラッピングは、日常的に商品を配達したりサービスを提供する地域に限定して人の目に届くので、より高い広告効果が期待できます。また、ラッピングは車両導入時にかかるコストだけで掲載などのランニングコストがかからないのも魅力です。なお、事業を会社で営む場合は会社所有の車の取得費や維持管理費は当然に事業のコストですが、個人事業者の場合は自家用にも使用する可能性があるため、字業の必要経費に計上するためには車両を事業用に使用していることを運行状況などで税務署に示さなければならないことがあります。

ラッピング車両は走行自体が事業の広告効果を持つことや、自家用車に事業広告を掲載することはあり得ないため、事業の必要経費計上の根拠としても有用です。なお、ラッピングは一度施工したらはがすのは難しいですが、上から再施工することは可能なので、時には内容を変えるとなお有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *