ラッピングを行った車両の特徴とは

近年は車両にラッピングを施すことが非常に多くなっており、街中でも非常に見かけるようになりました。

バスを始めとして様々なデザインで外見を覆っている車両を見かけることがありますが、これらのほとんどはラッピングにより実現されているものであり、そのデザインが非常に緻密で、また鮮やかであるのが特徴となっています。従来から車両を様々な広告宣伝媒体として利用する事は考えられてきましたが、その際に問題となるのが塗装費用でした。自動車の塗装を行う際には非常に高額な費用がかかってしまうため、1時的な広告宣伝を行うには費用対効果が見合わないと言う考え方が大きかったのです。

小さな斜面や広告などを掲載する分にはそれほどかかりませんが、インパクトのある全面的な広告宣伝を行う場合には多額のお金がかかるため、実際にはほとんど実現されていないことが多いものでした。また車両に塗装を行った場合には半永久的にその状態を維持しなければならず、異なる広告宣伝を行うためにはさらに多額の費用がかかるため効率が悪いものとなっていたのが実態です。

ラッピングはあらかじめ印刷されたシートを自動車に貼り付けることで簡単に実現できるため、その費用は塗装に比べて非常に安く、また自由に張り替えることが可能であることから1時的な広告宣伝も効果的に行えると言うのがメリットとなっています。近年では広告宣伝だけでなく、外見のデザインを変える目的でも幅広く利用されており、印刷の鮮明さがインパクトを与えることも相まって効果的に利用されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *