自動車の自動運転システム

現在の交通事故による死亡者数の80%~90%が、ドライバーの人為的なミスが原因とされており、自動運転による自立走行を早く実現し、ドライバーを運転席から締め出せば死亡事故が減るとする学者もいます。

しかし、各国のメーカーが、GPSやジャイロセンサーなど独自のコンセプトに基づいて自動運転システムの技術開発を行っていますが、実現は10年以上先と推測されています。その為、事故や渋滞、接近状況などの情報を人と道路と自動車の間で相互提供する高度道路交通システムや道路に埋設されたセンサーなどとの連携による自動運転が研究されています。内燃機関を有する自動車の開発や製造には、長年の技術の蓄積が必要とされますが、EVは高性能なモーターと高性能なリチウムイオンバッテリーがあれば開発可能です。

ノートパソコンに使用されるバッテリーもEVに使われるバッテリーも基本となる技術に大きな違いは無く、現在ではGoogleやアップルなどのIT企業も自動車産業に注目しています。特に、巨大なデータセンターを運営し、情報通信技術領域では圧倒的な企業力を誇るGoogleでは、自動車に直接搭載するアンドロイドの開発が水面下で進められています。Googleは、テスラにも投資しており、自動運転システムは、多業種の企業による開発競争が激しくなります。自動運転システムの実現には、技術的な問題の解決が先決ではありますが、システム導入後の事故や安全対策に対する法整備の必要があります。
車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *