車両のラッピングはイベント以外でも使える

イベント会場でキャラクタープリントをしたクルマを見かけたことがある方は多いでしょう。

これは車両ラッピングと呼ばれるもので、専用ラップを貼り付けることでデザインしているわけです。塗装するよりも気軽に施工でき、剥がすときも楽というメリットがあります。オリジナルのデザインが実現しますので、イベント以外でも自分好みのデザインにするために活用する方が増えています。一般的にイベントカーやトラック、バスなどに使用されていますが、マイカーに車両ラッピングをするのもありです。

クルマを自分好みに変えてみたい、人と違うことをやって目立ちたい、という方はぜひ車両ラッピングにチャレンジしてみてください。昔は宣伝目的に使用されていましたが、現在は宣伝以外に活用されるケースが増えてきています。好きなデザインを実現することはもちろん、カラーを変えたいという方からも人気があります。純正にはないカラーにしてみたい、木目調などの特徴的なカラーにしたい、といった方にもおすすめです。

カーボン調やレザー調にすることもできるので、塗装と比べてバリエーションが豊富です。塗装では実現できないことでも、車両ラッピングなら可能にしてくれます。車両ラッピングをすればクルマが傷むと思うかもしれませんが、むしろボディをガードするメリットが期待できます。また売却するときに剥がせば、資産価値を下げる心配がないわけです。これが塗装となれば塗装をした時点で資産価値を下げることになるのが現実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *