車両ラッピングは目立ちたい人におすすめ

カーボン調やレザー調など純正カラーにないカラーを実現できるのが車両ラッピングのメリットです。

デザイン性が非常に高いのは、デザインするときにコンピュータを使用しているためです。ベースとなるクルマのボディに貼り付けるだけなので、クルマ自体の資産価値を下げることがありません。ここは塗装と比べて優れているところですが、デメリットがないわけではないです。最大のデメリットは価格が高いことであり、料金は80万円くらいかかることもあります。車両ラッピングは耐久性もそれほど高くなく、大体3年くらいと考えてよいでしょう。

つまり3年サイクルでデザインを変えるという人にとっては、デメリットにならないと言えます。塗装の場合だと3倍くらいは寿命が長くなりますので、カラーを変えることがないと言えるなら塗装を選んだほうが得策かもしれません。水洗いなどの洗車は行えますが、ワックス洗車は避けたほうがよいでしょう。塗装のような自由度はありませんが、貼り付けるだけでデザインやカラーを変えられるメリットは大きいと言えます。

車両ラッピングはクルマを趣味・道楽と考える人には最適です。費用は50~80万円くらいかかりますが、自分だけのオリジナルカーを製作できるメリットは非常に大きいです。純正・社外品にもないカラーを実現できるので、普通に走行するだけでも相当に目立ちます。とにかく目立ちたいという人にとっては、塗装以上に車両ラッピングのメリットは大きいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *