車両ラッピングは塗装の代用として人気

昔はクルマのカラーリングを変えるとなれば、全塗装という選択肢が一般的でした。

ただこれは非常に難易度の高い作業であり、塗装職人の技術が完成度に大きく影響していたわけです。住宅の外壁塗装や屋根塗装と同じように、塗装する前には洗浄・下地処理などが欠かせず、これらの作業を怠ってしまうとうまく塗装が乗りません。確かに塗装による方法は耐用年数が長くなり、10年程度は持ってくれるメリットがありますが、再びカラーを変えたいときは再塗装が必要になる問題があります。

そこでおすすめしたいのが車両ラッピングで、現在は塗装の代用として普及してきています。樹脂フィルムを貼り付けるという方法で、さまざまな色合いやデザインに対応できるわけです。下地処理をしなくてよいメリットがあり、また剥がして別の車両ラッピングに変えるのもありです。まさしくクルマのメイクとも言える技術であり、飽きっぽい性格の人に適しています。大体耐用年数は3年くらいになりますので、3年サイクルで変えたい方に適しています。

車両ラッピングは紫外線のダメージを受けますので、少しでも長持ちさせるためには車庫にクルマを保管するのがベストでしょう。屋外に駐車していると紫外線の影響を受けますので、色が抜けやすくなってきます。クルマの保管方法によっては3年以上持ちますので、紫外線対策は徹底しておきましょう。専用のクルマカバーを被せておけば、紫外線による熱ダメージを抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *