車両ラッピングの特徴を知っておこう

車両ラッピングが進化してきており、さまざまなデザインを実現できるようになりました。

車両ラッピングには手描きという方法もありますが、現在はほとんどがコンピュータでプリントしています。それでもボディ全体に車両ラッピングをするとなると50万円以上はかかりますが、世界に一台しかないマイカーが実現する魅力は絶大です。特におすすめは高級車に対して施すことで、より高級感を高めることが可能です。木目調にするのもありですし、ツートンにするのもよいでしょう。樹脂ファイルを張り付けるという方法は、ボディに傷をつける心配がありません。

路面から飛んでくる小石による衝撃からボディを守るなど、ボディ本体をガードする役割もあります。そのため売却時になってから車両ラッピングを完全に剥がしてしまえば、高額査定を勝ち取れることが多いです。塗装の場合だと査定額にマイナスとなることが多く、奇抜なカラーを楽しむことは難しいでしょう。車両ラッピングは宣伝に用いられることが多いですが、趣味として活用している方もいます。

純正カラーにお気に入りがない、レザー調にして高級感を出したいなど、塗装では実現できない望みも叶えられます。うまく張れなくてシワシワになったら心配という方は多いですが、バスやトラックを見てみるとどうでしょうか。非常に精巧で塗装と見分けがつかないほど綺麗に仕上がっているはずです。施工はすべて職人が行っているので、想像以上に満足いく仕上がりが期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *