ラッピング車両を使って宣伝

車両をラッピングすることは、SNSなどを利用している人たちへの広告戦略もありますしその他のメリットもたくさんあります。

例えば商品名・写真しか掲載されていないラッピングされた車両があっても、フィルムを特徴のある形状にしたり、デザイン性を高くすることで人々に興味を持たせることができます。少し前まではこのような広告戦略で行っても、顧客は興味を持つがそれを忘れてしまったり商品名を思い出せないというケースが多くありました。現在は若ならいことがあれば、インターネットで検索することですぐに調べることができます。

ラッピングされた車両によって興味を持てば、そこから検索し自社サイト・商品サイトに持っていくことができます。公式サイトへ誘導させるために、プレゼント実施中などの謳い文句も掲載します。そこへすぐに読み込むことができるコードなどを掲載しておけば、見た人も忘れ内容にキープする可能性があります。コードがなければメモがわりに写真を撮る人もいますし、それをSNSでシェアする人も出てきます。

広告戦略でも大規模な利用ができるシステムですが、小規模で地域密着型の店舗に高い効果を期待することが可能です。商店などの車に放送を行うことで、商品の配送・通勤などで車を使う際にそれらのアピールをすることができます。ラッピング車両は、いつどこを走らせるかで得ることのできる効果にムラがあります。通常の業務や移動で利用するだけでもかなりの効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *