車両のラッピングに関して

車両をラッピングすることで、商品の宣伝なども同時に行うことができます。

その場合には、配送車の場合は配送する商品のイラストや写真が印刷されたものなら、配送をしながらその商品に関して宣伝をすることができるため、一石二鳥であると言えるでしょう。そこで、なぜ車などにラッピングをするのかと言いますと、あまりコストがかかりにくいということから来ています。まず、ラッピングということは、塗装をしないということになります。塗装の場合には時間とお金が多くかかりますが、ラッピングの場合ならば、フィルムに先にイラストなど印刷しておき、後はフィルムを車両に張り付けるだけで済みます。

ちなみに、張り付けたフィルムに関しては簡単に取り外しをすることができるため、イラストや宣伝したいものを変更したいと思った場合には、同じ車両を活用することができ、非常に経済的です。ラッピングカーを導入するとその広告を見てくれる人はどのくらいかというと、一キロメートルあたりでは、およそ400人が見ていることになります。また、一日当たり、170キロ7メートル走行したとすると6万5千人以上もの人が見ていることになります。

車両にどのくらいのフィルムを張ることができるかというと、車両全体に貼ることもできます。つまり、側面以外の前や後ろにも張り付けることができることになり、あらゆる方面からイラストやロゴマークを多くの方々に見てもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *