車両をラッピングするメリットは?

車両をフィルムなどでラッピングするメリットはいろいろあります。

宣伝媒体として使用したり、痛車のような趣味として使用したりする方法もありますが、単純に乗っている車のボディのケアのために車体全体をラッピングする人も多くいます。最近では、車両を塗装するのではなく、車両全体や一部に特殊なフィルムを貼り付けるフィルムラッピングが主流となっています。フィルムの単価も以前より安く、その質も良くなってきているので使用する人も多くなって来ているのが現状です。

特殊なフィルムを採用しているので紫外線や外部からの傷つきにも強く、その下のボディを保護する役割もしてくれます。新車で購入してそのまま車両のラッピングしてしまう人も多いです。面倒な洗車や手入れも特に必要ありません。傷んできたら別のものにすぐに貼り替えることもできます。以前よりフィルム自体の単価も低くなってきていますし、耐久性も向上して来ています。

車体をワックスなどで保護するのに掛かる費用と比べても、フィルムラッピングの方が安く済みます。一番のメリットは、車を売却するときにフィルムを剥がせば車両のボディは新車の時と同じような状態を保っていることです。ボディは一番見た目に関わる箇所なので、その状態によって査定金額に大きく影響が出て来ます。新車と同様な状態なので査定金額もUPし、通常より高額で買い取ってもらえることもできます。新車で買った時と同じ状態を保てるので車を後で売ろうと考えている人にはお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *