車両ラッピングのポイントを知ろう!

車両ラッピングは車に特殊なラッピングシートを張り付けて行う車の外観のりモデルです。

この作業はやはりプロに依頼する方がきれいに仕上がるといえます。しかし、予算の関係で時間がかかっても自分で行うという場合、ポイントを押さえて作業することでよりきれいな仕上がりにしていくことができます。カーラピング用のシートは特別仕様で、表面に印刷して車に張り付けることができるようになっています。

作業をする上で、このシートをきれいに車に張り付けて行くということが必要になりますが、それにはちょっとしたコツがあるといわれており、ラッピングフィルムのリケイ紙を全部剥がさないで作業をするということが大切といわれます。フィルム裏にはリケイ紙が張ってありますが、作業をする時にいきなり全部剥がしてしまうと変なところに引っ付いてしまってきれいに貼りつけることが難しいといえます。

そのため、まずは少しだけリケイ紙を剝がし、端の方に貼り付けていきます。そして少しずつ丁寧に剥がしていき、車両に張り付けていくようにすることでよりきれいに仕上げることができるといわれています。そして、フィルム端からだんだんと順番に丁寧に貼っていきましょう。少しずつ少しずつ、あわてないで慎重に貼っていくことが大切なのです。このプロセスは細心の注意を払って貼るようにしましょう。そして、よくあるのが空気が入ってしまうということです。ヘラを用いて空気を押し出しながら車両にフィルムを貼っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *