初心者からの車両ラッピング!そのコツについて

車両ラッピングは車両に広告宣伝などの様々な価値をもたらす他にも、車両の色褪せを防ぎ、勝ったままの状態に保つといったメリットなどがあり、車を大切に使いたいという人々などからも支持されています。

そんな車両ラッピングはプロに依頼してお行ってもらうと仕上がりもきれいにできます。しかし、予算的な点からできれば自身で行いたいという場合、ポイントをおさえて作業することで、よりきれいに仕上げていくことができるといわれています。車両ラッピングを行う時のポイントとして挙げられている点が、施工するところよりも大きめのフィルムを使って作業するということです。

これまでラッピングを行ったことがないという初心者の場合、失敗しないようにフィルムのサイズは余裕をもたせて作業を行うことがポイントなのです。買った後、施工する場所に合わせてフィルムをカットしますが、この時に大きめに切って置くようにしましょう。最終的に塗装面の裏側に折り返すという形で貼っていくため、その分余白が必要といわれているのです。

プロになればある程度の経験もありギリギリのところまでカットしてもきちんと晴れるようになっているといえますが、初心者のうちは余裕をもって作業できるようにしておいた方が失敗は少ないといわれています。そのため、最初に張り付ける時のフィルムは大きめにすることがポイントだといわれます。小さめにカットしてしまうと、フィルムを無駄遣いしてしまうことになってしまうようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *