車のラッピング広告について

街中で時々広告車両を見かけます。

大胆なものとしては車体にエナジードリンクの間を大きくしたものを取り付け宣伝の為に試供品を配っているものがあったりします。ただ多くの場合、車体を改造するのは費用の面でも大変ですのでボディはそのままでその上に大きな広告デザインを描いたものが主流です。広告と言えば、テレビの広告や新聞の広告というのがよく知られていますが、それらがせいぜい数センチメートルのサイズであるのに対し、ボディへの広告デザインは数メートルのサイズで描かれますので、迫力や街中の人々に訴えるアピールが格段に違いますので極めて効果的な広告手法です。

このボディへデザインを描く手法としては、塗装によるものとラッピングフィルムを張り付けるものがありますが、広告の場合は、通常車へのラッピングが行われます。コスト面や所要時間からの複数の理由があるのですが、もう1つの大切な理由として、ラッピングフィルムは車体に傷をつける事無くはがしとる事ができるという点があります。広告は長時間同じものを行う事はあまり多くなくある期間に限って行う場合がほとんどです。

その為に、いつまでも1つの広告デザインを付けたままにする事は好ましくなく、ある一定期間使用後は速やかに外してしまえる事が重要となります。ペイントの塗装の場合にはそれを取り去るにも多くの労力が必要となりますが、ラッピングの場合にはフィルムをはがすだけですので非常に簡単に行う事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *