車のラッピングとはなにか

車のラッピングとは、車全体の色を変えたり、一部分だけ色を変えたり、質感を変えることもできます。

元々は、超高級車の世界でオリジナリティーを追及するユーザー向けに塗装してしまうと、車本体の値崩れをおこすので、剥がせばもとに戻せるフィルムによるカラーチェンジの提案をしたのが始まりです。しかし、現在では一般的なドレスアップ方法としてや、広告効果などの理由での車のラッピングが主です。よく見かけるのはトラックです。

他にも幼稚園バスや、一目で分かる社用車などです。ラッピングすることで、街中を走るだけで宣伝効果は抜群です。主にフィルムとして使用されるのは、スコッチカルフィルムや出力用フィルムですが、中には環境にやさしい非塩ビフィルムもあります。雨、風、高温、低温などの過酷な条件下で使用されることが多いラッピングですが、これらの高品質フィルムを使うことで、高品質な耐久性を実現できます。

また、貼って剥がせる剥離性のあるシートなので、短期間の広告マーキング、ラッピングに適しています。価格は、スモールカークラスで全体の色を変えると、約35万円くらいから。コンパクトクラスになると39万円くらいから。ミドルクラスは46万円から、ラージクラスになると59万円からと、そこそこ高いように感じますが、塗装と比べるとやはり、剥がせば元通り、というのがかなりの魅力です。広告料としても、高くはないでしょう。オリジナリティーあふれるデザインに挑戦してみるのもよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *