営業車をラッピングして広告媒体にする

車両ラッピングを使えば自社の営業車を広告媒体にすることが出来ます。

街中を走る営業車に、社名やロゴ、マスコットキャラクターをラッピングすることによって、幅広い人に自社の宣伝を行うことが可能です。一度営業車に対してラッピングをしてしまえば、その後の追加の広告宣伝費が発生することもありません。企業の好感度を上げる手法として、分かりやすい心理学的現象に単純接触効果があります。人間はある対象物に対して繰り返し接触することによって、その対象物に対して好感度が高まるというものです。

常に街中を移動する営業車を広告媒体にすることで、この単純接触効果を期待することができます。ラッピングは塗装とは違い、簡単に剥がすことができるのも魅力です。社名の変更等で、デザイン変更の必要性が出た場合や、車を中古車として売る場合に便利ですし、塗装の塗り替えと比べると環境負荷も軽く済みます。塗装と比べて最終的なコストは安くなる傾向が強いです。営業車に自社広告を掲載することによって、社員の意識向上にもつながります。

社員に会社の代表であるという意識を持たせることによって、社員のモラル、運転マナーの向上が期待できます。これにより自社車両での交通事故の減少や、顧客からのクレームを減らすことが可能となります。現在、車両へのラッピングを行っている企業は複数あります。それぞれ得意とする分野や品質、コスト等に違いがあります。通常施工してから数年程度は車体につけた状態になりますので、利用する場合は信頼のできる企業を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *