営業車のラッピングでザイオンス効果が狙える

営業車のラッピングは、高い宣伝効果を持っているといわれています。

一つが、ザイオンス効果と呼ばれる心理学上の効果です。これは、人目に触れるほど印象が高くなるというもので、テレビCMやあらゆる広告はまさにこれを狙っています。営業車は営業活動のために街中を走り回りますが、そのたびごとに接する機会を持つ人も多くなって、このザイオンス効果が発生します。営業車は同じルートを走り回るとすれば、それを毎回のように見る人が現れてきます。

そうなると、ザイオンス効果を特に期待できるでしょう。もちろん特定のルートを走るわけではない場合でも、街中を頻繁に走るのであれば何回も見かける人は出てくるため、同様に効果を狙うことは可能です。ラッピングによるザイオンス効果はコストパフォーマンスにも優れています。宣伝広告を打ち出す場合、媒体によって料金は様々ですが、人目に触れたければ目立たせる必要があるため宣伝費用も高額になってしまいます。

その点、ラッピングだけなら簡単に施工することができますし、宣伝費用を捻出するのに比べればかなり費用は抑えられるので、コスト的にも魅力度は高いです。ただし、注意点もあります。それは、好感度を高めやすいとはいえ、嫌いという印象を良い方向に変えられるものではないということです。したがって、ラッピングは好感度を高めるように施す努力をする必要があります。過激な物やけばけばしい物は控えた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *