ラッピングが営業車の広告を大きく変えた

営業車とはその名の通り営業を目的として使用する社用車のことですが、せっかく営業目的として使用するのだから、色々と有効活用はできないだろうかと考えたくなるものです。

多くの人が考えるのは、その営業車のボディに社名や会社の宣伝などを表示することです。いつも通っていれば自然にそこを通る人の目につきますので、走る広告塔の役割を果たすことができるわけです。では、営業車のボディの上にいったどうやって社名や広告を描いたら良いのでしょうか。従来の方法であれば、塗料を使って丁寧に描いていく方法です。今でもこの方法は有効で、文字や簡単なロゴマーク程度であれば問題はないでしょう。

しかし、少し複雑なデザインであったり、写真などを直接営業車に描こうと思えば、手書きでは困難です。そこで最近登場してきたのが、ラッピングと呼ばれる方法です。これは専用のフィルムに好きなデザインをまず印刷をし、それを直接営業車のボディに貼り付けるというもので、印刷技術の応用なので写真でも全く問題なく描くことができます。

これは塗装しかなかった時代から比べるとまさに画期的なことで、ラッピング技術の登場によってクルマを使った宣伝広告は大きく様変わりしました。ラッピングを行う専門の業者も徐々に増えてきており、認知度がさらにアップすることによってコストが下がる可能性もあります。ラッピングフィルムはいつでも剥がすことができるので、後からやり直しが可能なのも大きな魅力徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *