営業車をカーラッピングで宣伝力アップ

カーラッピングとはさまざまなデザインを施したフィルムを車に張り付けることを指します。

アニメのキャラクターをデザインしたフィルムを張った「痛車」と呼ばれるラッピングカーや宣伝したい社名や商品をデザインしたフィルムを貼ったラッピングカーなど用途はさまざまあります。

たしかにインターネット社会ですのでWeb広告に力を入れる企業がたくさん存在するのは事実です。しかし、リアルな社会における視覚から得る印象はWeb上から得る印象よりも強烈に記憶に残るものです。

普段使用するものである営業車にデザインを施すことで多くの人の目に触れ、宣伝効果を生みます。変わったデザインであればなおさら目を引きます。複数名で発見すれば会話を生み、コミュニケーションをとったことによってさらに印象に残るのです。さらにSNSが浸透している社会ですので、気になってその営業車の写真を撮り拡散してもらうことによって宣伝の幅も広がります。

移動式の看板と捉えることができます。営業中の道のりを有効に活用することができますし、営業先でも新しいキャンペーンや新商品をアピールする一つの手段とすることができます。カーラッピングは塗装とは違いますので、車を傷付けずに取り外すことが可能です。

つまり、宣伝したい商品や内容が変わればその都度変えることができます。営業車の台数が多くてもフィルムを量産すれば良いのでその分時間がかかるということもありません。広告、宣伝方法はさまざまありますがカーラッピングも一つの方法として考えられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *