営業車にラッピングは効果的な広告宣伝媒体

営業車にカラーラッピングを行うことには、街中の道を歩む人々の記憶の片隅にかけらのような形で印象を残します。

人間の購買行動には一定の法則性があり、例えば類似した2つの商品を目の前にして、何らかの形で見聞した方を選択する傾向があるとされています。これを「リーセンシー効果」と言いますが、効果的な宣伝広告方法を検討する際には重要な視点を提供してくれる考え方です。

そこでカラーラッピングとリーセンシー効果の関係について検討してみましょう。はっきりとは明確な言葉は浮かんでこないけれど、どこかで見た曖昧な記憶、これが人間の購買意欲を動機付ける上では重要な働きをすることになります。僅かながらも印象に残るよう条件付けることで競合他社との差別化をはかり、自社の商品を選択してもらうことにも繋がります。

特に広告としての露出が多いほど、リーセンシー効果は高まることが知られています。この効果を発揮するのは交通広告になります。カラーラッピングをした営業車を行動で走行するのも交通広告の代表的な手法です。街中の道路だけでなく、時には生活道路も走行する営業者には、多くの人々の目に触れる機会も多くなるので、普段の営業活動のなかで広告を自然に露出することができるという大きなメリットがあるのです。

しかもラッピングした営業車は大きなインパクトを持つので否が応でも、人間の心に足跡を残します。さらにラッピングした営業車では企業の部ランディングにも貢献します。広告宣伝と企業ブランディングも同時に達成できるのが利用する上での特長といえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *