抜群の宣伝効果を発揮する営業車のラッピング

メーカーや商社、一般的な問屋やサービス店などでは営業車を用いて仕事をしていることが一般的です。

お客様のところへ移動する際に用いていて、業種によっては商品を積み込んでの営業方法も多く見られます。会社として運営する上では、上手く宣伝をしながら販売促進につなげるということは当然の内容であり、多くの会社が実践していることも事実です。近年では営業車の多くがホワイト系のセダンやミニバン、ワンボックスなどを利用していて、会社名だけをドア部分に記した自動車が多い傾向にあります。

シンプルな状態でも何ら問題はありませんが、現在ではラッピングという比較的新しい技術を利用できる環境にあるので、宣伝方法について見直しをしてみることも良い方法ではないでしょうか。

営業車のラッピングについては、自社の看板となるように配慮することが最も基本になり、社名を入れる方法だけではなく、会社で販売をしている商品や、会社が発信したいメッセージも入れることを可能にしています。かなり使い道の幅が用意されていて、例えばボンネットだけにラッピングする方法や、ドアやルーフ、後部に掛けて全ての場所に施すこともできる技術です。

作るラッピングのデザインを充実させることで、抜群の宣伝効果を生み出すことができます。特にメーカーや商社の場合では、自社にて取り扱いをしている商品の写真などをデザイン化することでも、かなり目立つ車両に仕上げることができ、広い範囲に報せることができるので、売り上げアップに期待が持てます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *