営業車をラッピングカーにするメリットとは

ラッピングカーとは、バスや車に会社などの広告をボディに張り付けた車を指しますが、営業車でも見かけることが最近は増えました。

ではそうすることのメリットには何があるのでしょうか。最大のメリットとしては歩く広告になることです。新聞やチラシ、情報誌といった紙媒体に広告を掲載すると掲載費が思ったよりもかかるものですが、そういった部分に目が留まる人というのは、今、それを求めている人が中心になってしまうことは仕方がありません。しかし営業車のラッピングカーとなれば、移動の度にどんな人の目にも入り込むことが出来るという、存在感を示すことが出来ます。

また紙媒体の広告では一時的にしか情報を載せることが出来ませんが、常に営業車に広告や電話番号などをラッピングしておくことで、常に情報を提供し続けることが出来ます。最初にラッピングカーにするための費用を支払えば、後は費用をかけることなく長い期間、広告を発信し続けることが可能になるのです。ラッピングカーは車に塗装を行う訳ではなく、フィルムのような物を張り付けます。

そのため仕上がりまでに塗装ほど時間を要することはありませんし、部分的に剥げてきた、ということもありません。仮に載せている情報を替えたい場合にも簡単に交換することが出来ますので、営業車という動く機会の多い車でも、業務に支障をなるべく出さないことも可能になります。営業車という、会社で所有している車だからこそ、使い勝手の良い広告になるのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *