車両にラッピングすると走る分だけ宣伝になります

商品を購入し、それを大切な人に贈る時にはラッピングを依頼することがあると思います。

そうするだけで、素敵なものに見えますし、相手の心をぐっと掴むことが出来そうです。逆に贈り物が届いた時にも、ラッピングによって特別な物を頂いたという気持ちにもなるのではないでしょうか。さて最近は車両にラッピングを施すことがあるそうです。

ところが、これは先ほどのような用途ではないのです。例えば、ピカピカの新車が納入される時に、その外側を包装紙で包むことはないでしょうが、そういったことではありません。車両のボディー全体に広告やデザインを施すことです。最近は電車のボディーにアニメのキャラクターやメーカーの商品が描かれているのを見たことがあるかもしれませんが、そういうのをラッピング広告といいます。

それは塗装を使って描くのではなく、塩化ビニール製の薄いフィルムに印刷をして、裏面についている粘着剤で貼り付けていきます。部分的に貼っていき大きな広告にするのです。

普段見るデザインとは異なる車両が駅に入ってくれば、多くの人が何だろうと注目すると思います。今では、ラッピング広告は電車だけでなく、飛行機や船舶でも、そして自動車でも行われています。車高の高いバスに施すと街中では目立ちます。通行している人も見ますし、周りの車からも見られるでしょう。また営業者や配送車に施せば、走れば走る分だけ宣伝になります。メディアなどの広告媒体で継続的に広告を出せば、それだけ費用がかかりますが、一度車に施せば、後は費用はガソリン代だけで済むでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *