営業車両のラッピングで重要なデザイン

宣伝の一環として、営業車両にラッピングをする企業は増えています。

しかし営業車両に行うラッピングのデザインは、基本を抑えなければ期待ほどの宣伝効果を得ることができません。宣伝のために行うなら、高い効果を得られる基本を抑えつつデザインは決めましょう。営業車両のラッピングデザインで基本となるのは、企業のイメージを反映していることです。

企業イメージとかけ離れたデザインだと、見た人が連想できず宣伝効果も低くなります。しっかりと連想できて記憶にも残ると、様々な場面で有利に働くことになります。またあまりにも古くさいデザインだと時代遅れの企業と思われてしまい、マイナスのイメージになるでしょう。

一瞬で判断できる視認性に配慮しつつ、企業のイメージを具体的に表した新しいデザインだと、高い宣伝効果を得ることが期待できます。営業車両にラッピングをするときには、デザインだけではなく車体のどの部分に配置するのかも重要です。

例えば車両の前面に人目を引く目立つデザインを施しておけば、前方からやってくる通行人はそのまま注目して、車体の側面や後部もじっくりと見てくれます。人間の目の動きを考えながら営業車両のラッピング全体を見せることによって、宣伝効果は高めることが可能です。

また車体のデザインは、ある程度離れた距離から見るのが基本です。あまりにも細かすぎると遠くから見たときにわかりにくくなるので、離れた位置から見たときの見え方も考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *