ルート営業に利用する営業車もラッピングがお勧めです

ラッピングとは何かご存知でしょうか。

バスや船、トラックや営業車など車体にフィルムを貼り付ける広告のことを意味しています。

広告は長期間同じものを同じものを掲載していても、掲載期間が過ぎた後は別の広告を施し宣伝を行うのが一般的です。路線バスなどの場合は、バス会社が所有する車両ですから、次に掲載する広告のためにもきれいにならなければ意味がありません。

仮に塗装で施工を行うと、塗料がきれいに落ちなかったりして、次の広告を掲載する時には手間暇がかかってしまいます。その点、ラッピングはフィルムを剥がせば良いので、跡が残らないきれいな状態に戻せるメリットもあるわけです。

営業車は主にルート営業で利用する車両、リース会社から借り入れている物件ですから勝手に塗装を行うわけには行きません。リース契約が満了になった後に車両を返却する、塗装をきれいに落としても前の文字や色などがうっすらと残ってしまうとその分費用が多く掛かるケースもあります。

ラッピングの場合はフィルムを剥がせば良いので、車両のペイントに影響を及ぼすことはありませんし、今まで広告が施されていたなどが分からないほど、きれいな状態に戻せます。

営業車にも広告を記したいケースは多いかと思われますが、ラッピングは貼ってきれいに剥がせる手法ですから、その都度入れ替えながらルート営業にも使えますし、新規開拓の時なども社名をラッピングしておけば企業のアピールに繋がって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *