営業車へのラッピングの魅力について

営業車には車体に社名やブランド名などを塗装するケースが多いと言えましょう。

中には社名が記載してあるステッカーを貼り付けるケースもあるかと思われますが、塗装の場合はそれを消す時には車のボディを傷つけてしまう可能性やきれいに消したつもりでもうっすらと社名などが残ってしまうこともあります。ステッカーは接着剤で貼り付けている関係からも、長期間そのままにしておくと剥がす時にきれいにならない可能性もあるわけです。

営業車へのデザインはラッピングが便利、ラッピングなら剥がす時にきれいになりますし、ボディをキズを付けることもありません。営業車へのラッピングは、広告などでも利用が可能、貼ってもきれいに剥がせるため、定期的に広告を変えたい時にも有効な手法と言えましょう。

ちなみに、社用車は営業を行う時に利用する会社の車両です。会社の車両の多くはリース会社と契約を結んで導入しているため、勝手に塗装を行って広告や社名などを記載するわけには行きません。

仮に、自社所有の車両の場合でも、塗装を行ってしまえば消したい時にうっすらと残る、新車を購入するために中古車として売却する場合には査定評価への影響も懸念されます。ラッピングはきれいに剥がせるだけでなく、耐久性が高いフィルムを利用しているので長期間きれいな状態を維持させることが出来ますし、営業車への広告として利用する時なども、塗装よりもラッピングの方がランニングコストが安くなるなどのメリットも持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *