ラッピングトラックとは

街中を走っているトラックで、普通のトラックとは違い商品名や写真がかなり大きく描かれた物を見たことある方も多いかもしれません。

ラッピングトラックといって、商品や企業のPRのためによく使われる手法です。ラッピングだけでなく、口ずさみそうな言葉や音楽を流して道を歩く人の注目を集めていることも多いのです。

実際に、広告が大きく多くの人が目にしてインパクトを残すので、効果的に広告を展開したいという方にも向いています。

ラッピングカーに関しては、道路交通法を遵守していれば問題なく広告を打ち出すことが出来ます。

ラッピングは、塗装と違い張付けるタイプになりますので広告が終わったらすぐに別のものに張り替えることが出来て経済的です。

耐久性にも優れているので、雨の日や雪が降ったとしてもその日限りということもなく引き続き広告として有効に使うことが出来ます。

車両の計上は、通常のトラックの背面部分を広告面として広告を張付けるものが一般的です。サイズは2トンから10トンほどのものが多くなります。

合わせて荷台部分に商品や商品イメージを乗せて使うものも、映画や飲料水などのプロモーションで使われることが多いです。

広告効果が高い繁華街を中心に行われることが多いので、音楽アーティストの新曲プロモーションにも使われています。

ラッピングトラックは、1度の広告でかなりの人に認知させることができる広告方法の一つということが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *