トラックをラッピングする時のコツ

トラックをラッピングする際には、費用を抑えたいのであれば自分でやるというのも良い方法です。

しかもちょっとしたコツさえ知っておけば意外と簡単にできてしまうので覚えておくと良いでしょう。

そのためにはまずラッピングしたいトラックの洗浄です。

埃があるとうまく接着できないですし、まして小石などが挟まっていると車体を傷つけてしまう恐れがあるのです。

加えてワックスがかかっていると剥がれる原因となるため、時間をかけて作業を行うようにしましょう。

次にラッピングしたいフィルムを一度トラックに合わせておきます。

いきなり貼り付けてしまうと失敗するかもしれません。

そこで角度や柄の合わせ目、サイズに問題がないのかなどを調べておきたいところです。

この時のコツとしては、テープで仮止めをしておき、少し離れたところから見ておくということです。

距離が近いと歪んでいても気がつかないことが多いのです。

できれば誰かに確認してもらいながらやると、いちいちトラックから降りて見るなどといった手間が省けます。

いよいよ接着していくのですが、空気を押し出しながら端から順番に貼り付けていくとうまくいく確率が高いです。

裏技としては接着面に水で溶かした中性洗剤を塗っておくという方法があります。

適度な滑りがあるおかげで、接着したラッピングを動かすことが可能です。

乾くまではいくらでも微調整ができるので試してみる価値はあるのです。

それ以外にも中央で空気が入ってしまった場合は、針で突いて押し出せば改善される場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *