ラッピングトラックで自社の宣伝ができます

ラッピングトラックとは、配送車などのトラックに商品イメージや企業名などのラッピングを施し広告をするものを言います。

トラックで配送などを行いながらも、すぐに走る広告塔として使うことができます。

写真やきれいなイメージを使えば、遠くから見ても目を引く宣伝になるのです。

街にある看板と違い、色々な場所を通るトラックでは、多くの人の目に触れる機会があります。

一目でどんな会社や商品のトラックなのか知ることもできますので一般の人からのアプローチがかかってくることも多くなることでしょう。

一旦、ラッピングをしてしまえば宣伝費用がかかることなく、長い間使用することができます。

耐久性は特殊なフィルムを使うことが多いので8年ほどは剥がれることなく使うことができます。

雨や雪などに濡れても消えてしまうこともありませんので普段の配送業務に安心して使うことが可能です。

凸凹がある車両にも対応してくれるなどどんな車を使っていても広告に使うことが出来るのです。

塗装ではなく、ノリが付いているシートに写真やデザインを印刷し車両にきれいに貼りつけていくのですが、ぴったりと貼るのでそうデザインされたかのような車両に早変わりします。

デザインはラッピング車の制作を手がけている業者が提案してくれるので、自社でデザインしなくても問題ありません。

車両にぴったりあったフィルムがありますので、プロの業者が担当することでより綺麗な仕上がりとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *