イベント車にはラッピングが最適です

カーラッピングは車の色を変えたい時、塗装ではなく柄や絵を印刷したラッピングシートを使って車両にラッピングすることが可能です。

イベント車などによく用いられていて、街中で見かけることがあるでしょう。塗装に比べると調色がなく塗装しないので、タレの心配もなく車体に傷をつけずに気軽に利用することが可能です。外装の雰囲気をリーズナブルな価格で変更することができるので、イベント毎にアレンジするイベント車には最適です。

さまざまなシーンで活躍していて、短期的な企業PRや個人の趣味としてもよく利用されています。ゆるキャラやアニメのキャラクターの絵を貼ったイベント車を見かけることがあり、幅広い分野で使われています。ラッピングシートは塩ビシートでできていて、塩ビシートは裏がシールのように加工されていてシールにより車両に貼りつけることが可能です。

シールをプラモデルなどに貼るような感じで、塩ビシートは無地ですが好きなデザインをプリントすることができます。特殊な溶剤やラテックスインクジェットプリンターなどを使ってデザインすることができ、塩ビシートはロール状なのでプリンターにセットし印刷することが可能です。

印刷が終るとラミネート加工を行い、ラミネートは塩ビシートの面に透明な塩ビシートを貼ることでシートの強度を上げることができます。印刷面を保護したりUVカット加工を施すことができ、耐久性を上げることが可能です。ラミネートが終了すると必要なサイズにカットし車両に少しずつ貼っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *