仮想化基盤とは、物理サーバーのマシンパワーをソフトウェアが別個に割り当てて、異なるシステム(基盤)を仮想的に実装して使えるようにする技術のことを指します。近年はマシンパワーが強化されていることもあり、一台の物理サーバーで扱える仮想化基盤の数やスペックは増しています。そのため企業だけでなく個人でも少ない金額でサーバーをレンタルできるなど、かなりユーザーにとって身近な存在になっています。また名前の通り、自社で物理サーバーを用意していなくとも、ニュータニックスとしてサーバーをレンタルしても十分代替が可能となるため、サーバー専用の空きスペースを用意することもなく節約でき、故障時にもオプションにフェイルセーフがあればすぐに代わりのサーバーシステムへ自動で切り替えることもできるので、サーバー管理者にとってはトラブル対処のしやすいシステム構成だといえます。新しくサーバーを用意する際の選択肢として有利なのも仮想化基盤で、物理サーバーを用意するには機器の選択から購入、サーバソフトの導入、維持するためのバックアップ機能の用意などといった手間があり2ヶ月~3ヶ月ほど掛かる場合もありますが、仮想化基盤であればネットで申請してから必要なデータ・ソフトをアップロードするだけで済み、2日~3日ほどで組み上げる事が可能なので、会社内で新しいシステムを導入する際の稟議でも、素早い評価をすることができます。また、このシステムは動的にマシンパワーのリソースを振り分けることもできるため、負荷が掛かる時間帯にリソースを普段より多く振り分けておくことで、回線や動作が重くなったりすることを防ぐことができ、無駄にリソースを消費することを避けることも可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です